山大ホームの特徴と魅力

和みある空間づくりの
ご提案

日本古来の技術へのこだわりから在来軸組工法と、宮城県内産の「宮城の伊達な杉」を使用した骨組を採用し、現在の技術と融合した家をご提供しています。また一級建築士によるきめ細やかなプランニングから、インテリアコーディネーターによる提案、そして確かな施工技術により、つくり手の思いとこだわりが、住まわれるお客様に質の高い満足をご提供できるよう、心がけています。

新商品 リズム

地元で頑張るママを応援する住まい。
Rhythm リズム Debut

女性のアイデアをたくさん取り入れることで、被災地で仕事に家事・育児に大忙しのママを応援したい!という願いの込められたコンセプト住宅です。

家事の悩みに向き合ったママを応援する工夫がいっぱい!
  • キッチンと洗面所がすぐ近くにあるので家事動線が効率的
  • 対面キッチンだから料理中でもみんなと触れ合えるから安心
  • WIC&SICが合計3つもあるので、靴も衣類もスッキリ収納

4LDK+2WIC+SIC 本体価格1,650万円(税別)

長期優良住宅

「つくっては壊す」というフロー消費型の社会から「いいものをつくってきちんと手入れをして長く大切に使う」というストック型社会への転換が急務であるというビジョンに沿って、長期にわたり使われる質の高い住宅を長期優良住宅と位置づけております。
当社の建物の先導性が認められ、平成20年度(第1回)から採択され、長期優良住宅の普及に努めております。

フロー消費型社会(フロー消費型社会)→ストック型社会(長期にわたり使われる質の高い家)

ストック型社会←補助金の支給税制優遇

長期優良住宅を実現できるわけ

「伊達な杉の家」では、この「伊達な杉」の赤太土台、赤太柱を使います。
樹齢50~80年の杉の根本部分、樹齢50~80年の直径24㎝以上の赤身の芯材を使用します。
また、芯材だけでなく、芯の周辺も羽柄材として使用し、構造材・羽柄材で50%以上を「宮城の伊達な杉」にすることを「宮城の伊達な杉の家」の共通ルールとしています。

長期優良のための
赤太柱・赤太土台

赤太柱・赤太土台は腐りにくい赤太材を使用し、更に防蟻処理を施してあるので腐りにくく丈夫な土台と柱を実現しました。

70年~80年の杉

一般的に使用される柱・土台

  • 赤みの少ない芯材
  • 15cm
  • 樹齢約20年~30年

当社使用

  • 芯去り羽柄材
  • 赤太柱・赤太土台(赤みの芯材)
  • 24cm以上(平均28~30)
  • 樹齢約50年~80年
山大ホーム事業部Facebook

TOPへ