SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
(外務省ホームページより)

山大のSDGsへの挑戦

この度、株式会社山大(本社:宮城県石巻市・代表取締役社長:髙橋暢介)は循環資源である木材を活かし「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していくことを宣言いたします。
私たちは、Community with wood(木とともに)200年先の笑顔のために、非住宅建築の木造化を推進し、地産地消の認証木材使用による森林保護や高性能住宅によりCO2排出量を抑制し、地球温暖化防止へ貢献してまいります。

200年住宅の普及・促進を目指すために

アイコン
  • 宮城の伊達な杉の家を創る会を通じて、長期優良住宅の普及促進、ストック型社会への転換推進をします。
  • 200年住宅の普及により地元の杉を使うことで、地産・地消となり、一次産業に大きく貢献します。
  • 省エネルギー住宅から一歩先行く環境対応住宅(ZEH・LCCM住宅)の普及促進を図ります。
  • 高性能住宅の普及によりヒートショック事故の防止・健康寿命の延伸と医療費削減などに貢献します。

【具体的な取り組み】

[ 住宅資材事業部 ]
宮城の伊達な杉の家を創る会を通じて、長期優良住宅の普及推進に貢献。昨年は会発足から10年の節目を迎え、10周年式典においてより会の団結を強めた。

宮城の伊達な杉を創る会

[ ホーム事業部 ]
いやしろの家である「きれいな空気の家」抗酸化住宅により健康寿命の延伸と医療費削減に貢献。「きれいな空気の家」のモデルハウスでご体感ください。

山大ホームのいやしろの家

伝統技術と革新技術の融合による
大型木造建築の建設を目指す

アイコン
  • 伝統技術をプレカット加工化することによる木造建築建設の合理化を推進し、非住宅建築の木造化を推進します。
  • CLTやATAハイブリット構法などの革新技術のプレカット化を実現し非住宅建築の木造化を推進します。
  • JAS構造用製材を積極的に活用し、JAS構造用材の格付け実績を引き上げ、流通を拡大し地域製材品の普及推進します。

【具体的な取り組み】

[ 住宅資材事業部 ]
ATAハイブリット構法による自社工場建設、完成見学会では宮城県建築士事務所協会をはじめ、多くの建設関係者が見学に来場いただき、非住宅建築物の木造化を推進。

[ 開発生産部 ]
CLTを加工できるプレカット工場を建設するなど、県産材を活用して、仙台空港やバス停のベンチを作成するなどの活動を行っています。

とよま明治村登米観光物産センター バス停 仙台空港内 ピア棟 CLTベンチ

持続可能な森林資源の活用を目指すために

アイコン
  • 国の森林施業計画を基に計画的林業経営を行い、合理的に生産力の増大を図り、木材自給率を高め森林所得者の所得向上を推進します。
  • 持続的な森林経営により森林賓源の若返りを図り、健全な森林の成長を確保し、森林自然災害の防止し ・森林の二酸化炭素吸収機能を最大限に発揮させ、CO2削減・地球温暖化防止に貢献します。
  • 自然界唯一の循環資源である木材(杉)資源をカスケード利用することにより、資源の循環5Rを推進します。
  • 登米市森林管理協議会と連携しFSC部材による住宅建築を普及推進し、認証部材の安定供給に貢献します。
  • 工場で使用する化石燃料を計画的に削減することでCO2削減に貢献。

【具体的な取り組み】

[ ホーム事業部 ]
注文住宅は全棟構造計算による耐震等級3の住宅を供給。又全棟FSC材により供給し、地産地消に貢献。

[ 住宅資材事業部 ]
W・M材柱1本販売に付5円を無花粉スギの植林事業に寄付(または植樹)をします。宮城の伊達な杉柱材の販売を毎年5%UP目指す。

[ 管理部 ]
自社林の健全育成のため、定期的な間伐と植林事業を行ってCO2削減・地球温暖化防止に貢献。

働きがいのある地域企業を目指すために

アイコン
  • 育児休暇制度により、産休後復帰して働くことが出来る環境を整備し、CADオペレーターや設計、そして営業支援業務に女性の活躍を推進します。
  • 各種資格取得に対して助成制度を設け、男性・女性に関係なくスキルUPを推進します。
  • 生産工場のオンライン化や機械化により生産性の向上と作業負荷の軽減を推進します。
  • 管理職・役員への女性社員の積極的登用を推進します。

【具体的な取り組み】

[ 管理部 ]
建築士取得のために宮城県建築士事務所協会で開催している研修会に費用を会社で負担し若手社員(男性女性関係なく)参加させ、資格取得にトライしています。

SDGsの
PRポスター

社員一人ひとりがSDGsに挑戦していると言う意識を持つために独自で制作。活動の促進に繋げて行こうと思っています。

ポスター

TOPへ