地元密着企業で
建設業界を盛り上げていきたい
住宅資材事業部・営業
2023年新卒入社

阿部 弥樹

Profile

宮城県石巻市出身。
工業大学では建築学科で木材を専攻。
卒業後山大に新卒入社し、現在は資材の営業を担当。

山大に入社した理由
地元ですごいことをやっている会社がある!という驚き

大学時代に所属していたゼミの授業で、山大の山林見学会に参加したことがきっかけです。 私は地元が石巻なのですが、工場や会社の見学だけでなく実際の山林も見て、“家の近くでこんなにすごいことをやっている会社があるんだ!“と感動しました。 入学当初は建築士になりたいと思って勉強していたのですが、だんだんと自分には向いていないのではないかと感じ始めた時期だったこともあり、職種の幅が広いことも魅力でした。 今まで学んだことを活かせる建築業界で、かつ楽しみながらできる仕事はなんだろうと考えた結果、営業職希望で面接を受けて、そのまま内定をいただきました。

やりがいを感じる瞬間
会社への貢献が数字で確認できる

現在は自社製材した木材の販売や、住宅のドア・窓などの建具の仕入れ・販売業務を担当しています。 資材発注は工事の進み具合に合わせてタイミングを調整する必要があるので、現場にもよく足を運ぶのですが、職人さんも皆さん優しい人ばかりで、可愛がってもらっています。 大工さんと聞くと勝手に怖いイメージがあったので、良い意味でギャップを感じましたね。 まだ担当している案件数は少ないですが、営業は自分の仕事が数字となって表れるので、会社のためになっている!と実感できることがやりがいになっています。

今後の目標と求職者へのメッセージ
一緒に建設業界の未来を担ってほしい

これから、どんどん担当する案件数が増えると思うのですが、どんな状況でも楽しむ余裕を忘れずにいたいです。 また、営業職に必須資格はないですが、建築士や現場監督の資格も活かせる環境なので、自分の幅を広げるためにも、資格取得にもチャレンジしていきたいです。 建設業は、これから若い世代がどんどん活躍していく業界だと思います。 3K(きつい・汚い・危険)のイメージが持たれがちですが山大はそんなことはなく、とても働きやすい環境なので、一緒に未来を担っていってくれたら嬉しいです!

Private
愛車とともに過ごす!

車が趣味で、サーキットで走ったりもするので、それに向けて愛車の整備をしたり、ドライブしたりすることが多いです。 先日は友だちとツーリングで神奈川まで行ってきました!

ある日の一日

  • 08:30
    ラジオ体操・朝礼・掃除

    朝礼ではその日のタスクをチームで共有します。 その後「職場の教養」を読んで感じたことをシェアするのが通例です。

  • 09:00
    始業

    デスクで電話やFAXの対応や、見積もりの作成を行います。 常に先輩が近くにいるので、何かあればすぐに質問できる環境です。

  • 12:00
    お昼休憩

    近くのコンビニで買うことが多いですが、時には上司に誘ってもらってランチに出かけることも。

  • 13:00
    業務再開

    建設現場に移動して、職人さんと打合せを行います。 施工状況にあわせて追加の木材を発注したりと、臨機応変に対応します。

  • 17:00
    終業

    一度オフィスに戻り、資料などの整理や翌日の準備を行います。

  • 17:30
    退勤

    タスクの整理が終わったら、定時で退勤。 現場が長引いた際は直帰することもあります。